スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るぅ拾った日

43096ba9.1996年9月13日、この日は亡きるぅと初めて出会った日。
その日は母と一緒に数駅先にある歯医者さんに行く約束をしていて、実家の母を迎えに行く為車を運転していた。
朝、カレンダーを見た時に『あ~13日の金曜日だぁ~』と思ったのを覚えている。
実家の側の道端で動かない灰色の毛糸玉、隣にあるマンションのゴミ置き場の上にカラスが7~8羽、あ~狙われてるなぁ~。
一度は車で通り過ぎた。でも『ダメダメ、このまま置いておけない』。。。
出かけなきゃいけないけど、見なかったふりは出来ないよぉ~。
車から降りた私が伸ばした手に一瞬だが逃げようとする素振りを見せた。
でももう動けなかったようで、いとも簡単に捕まってしまう。抱き上げた私にピトッって張り付いて来た。小さいな~。
歯医者の予約時間も迫っていたので、取りあえずかかりつけの病院に連れて行き、帰りに寄りますから~と一時預かってもらった。
『あ~、やっぱり13日の金曜日だよぉ~』と母に愚痴を言いながら車を走らせ、あともう少しで歯医者さんと言う幹線道路で、お巡りさんに捕まった(>_<)
シートベルトの検問、あ~、病院に寄ってからベルト締めてなかったよ~。。。
違反切符を切られ、もう心底どよ~んだった9年前の今日である。
とてもよく覚えてるわ~。懐かしいです。
今日はるぅの画像貼っちゃおっ!
一番上のは亡くなる数日前の画像、やっぱり顔付きがちょっと変だな。。。
るぅるぅる

いっつもこんな風にしっぽ振って『御飯が空っぽですよぉ~』って言ってました。
自分が食べ尽くした癖にぃ~(笑)
るぅ御飯

るぅのこと

ccde46f2.dat初めて会った日の事を昨日のように思い出す
烏に囲まれ、あやうく襲われそうになっていた灰色の子猫
私が抱き上げると、キュッってブラウスに抱き付いて来た
余りにも汚くて、片目は癒着して開いてなかった
それでも必死にくっついて来たその子が
家の子になって8年と10ヶ月

るぅ ごめんね

まだまだ一緒にいられると思ってた
具合が悪くても一生懸命お世話しようと思ってた
一緒に頑張ろうと心に決めたのに。。。。
だって、るぅは私の事を手伝って五つ子の子育てしてくれたもんね
五つ子が家に来て初めてるぅと対面した時
みんなお母さんに色が似ていたるぅに走り寄って行ったね
最初はとまどった顔していたけど
すぐにみんなを舐めてあげて、甘えて来る一人一人をちゃんとグルーミングしてた
アンディがお乳恋しくて、モミモミする爪の痛さに唸りながらも出ないお乳吸わせてくれた
いきなり子猫が5つ増えて疲労困憊だった私の事、きっと見ててくれたんだよね
それから6匹でいつもくっついて寝てたっけ
鼻器管炎も辛かったね
ずっとるぅの涙を拭いたり、お鼻が詰まったのをお掃除したり
ウンチすると、お尻拭いて下さいってコロンとするるぅを
るぅちゃん、お尻きれきれですかぁ~?って言いながら拭いてあげたかった
大学病院の恐い検査も頑張ったし、嫌な通院も頑張ったのに
早すぎるよ、るぅ
このところの食欲不振で、お口に無理矢理カリカリ入れられても
シリンジでお水飲まされても、お薬いくつも放り込まれても
素直にコックンしてくれて本当に最期迄私を困らせる事もなかった
エイズだったのか、リンパ腫のいたずらだったのか何もはっきりわからないけど
もう少し側にいたかったよ、るぅ
五つ子も淋しそうだよ
私も淋しい
るぅ、るぅ、
可愛かった、愛しかった、るぅ私の所に来てくれてありがとうね
いつか行くから待っててね
_______________________________
なんだか、ボ~っとして今日を過ごしてしまいました
いろいろと考えたり思い出したりグッシュンしたり(笑)
私はもちろん淋しいけれど、毎日るぅにくっついていたアンディとはなが
所在なさげにしているのがよけい涙を誘います
るぅに甘えていた時間が私に向いているので忙しくしています(^^)
ちゃんと説明出来たらどんなに良いかとつくづく思います

お骨になったるぅはホントに華奢でした
これだけしかない骨にあの身体がくっついてたなんて
きっと重くて大変だっただろうなと思います
保護した時は本当にガリガリでした
小さい頃は、飢餓感がなかなか抜けなかったようです
朝起きたら、台所に空になって捨ててあった缶詰めが散乱していたことがあり
ざっとしか濯いでなかった空缶をきれいに舐めてありました
栄養失調だったみたいだからきっと良い匂いが残ってて漁っちゃったのね
初めからたくさん食べたけど、避妊手術をしてからどんどん太ってしまいました
これも私の管理ミスです
ダイエットをちゃんとさせてればとかいろいろ後悔はありますが
もう何を言っても仕方ありません
みゅうを亡くした時に、今いる子達には苦しい思いをなるべくさせたくないと
頑張ったつもりでしたが、結果的には何も学んでなかったのかもしれません
せめてるぅが家で暮らしたことを
幸せだったと思ってくれていたら良いなと思います

画像は保護して入院していた時のるぅ

るぅ、ちっちゃくなっちゃいました

41faa8b2.JPG夕方、荼毘にふして来ました。
あんなおデブちゃんだったのに、小さくなってお家に帰って来ました。
↓にコメントをくださったみなさん、メールをくださったみなさん
本当にありがとうございました。

そう遠くない未来に、るぅとのお別れが来るかもしれない事を
多少なりとも覚悟していたつもりでしたが、あまりにも急でした。
るぅのいつものベッド、からっぽです。
でもマットにるぅが寝ていた形が残ってるのが辛いです。

昨日の朝もご飯は食べられなかったけれど、しらすをあげたらちゃんと食べたし
おトイレも普通。
ただ、この2~3日、時々ボ~ッとしていることがあるのが気にかかってた。
強制給餌をするかどうか、でも薬が効けば自分でご飯を食べられるから
その方が良いはずだ。
自宅で投薬よりも注射で消炎剤を入れた方が食欲が出てたので
先生と相談して、夕方病院に行くことに決める。

17時過ぎ頃病院へ
輸液と注射、体重7、4キロ 体温9度8分
やっぱり熱があったから、辛かったんだね。
通院することがるぅの負担になるから
今後は先生に往診して注射をしてもらえるように話している時
診察台の上で失禁し、家でも時々していたようにボ~ッとして来てしまう。
先生も「ちょっと変だなぁ」と言っていたけど他に治療法もない。。
あくまでも仮定でしか原因が掴めてないから仕方ないね。。。
るぅ、るぅって呼んだら
すぐいつものるぅに戻ったので、帰宅したのが18時10分頃。

玄関で自分でキャリーから出てしっかりした足取りでベッドに。
お水を口元に持っていったら、いつもとは違い顎をお水に浸けてやけくそのように飲む。
変だ。。。。
それから、30分くらいはベッドで横になっていたけれど
しばらくして呼吸がちょっと苦しそうになり
みるみる耳も鼻も肉球もが白くなってきてしまう。
出掛けていた旦那に電話したら、今帰ってる途中だとの返事。
彼の帰りを待っていたかのように呼吸があらくなり、ただ名前を呼んで
酸素を口に当てているしかなかった。

そして、苦しそうな声を一瞬あげて腕がちょっと突っ張ったかと思ったら
もう息絶えていた。
多分時間にして40分間くらい。
何が起こったのかわからなかった。
心臓マッサージをしながら、名前を呼んで、るぅの鼻に口を当てて
一生懸命息を吹き込んだけど、戻ってはくれなかった。

病院に連れて行ったことを悔やんだ。
行ったことで、なにかを誘因してしまったのか
それともリンパ腫が頭の方に膨らんで、神経にでもさわってしまったのか
エイズからくる何かでこうなっちゃったのか
小さい頃にてんかんの様な発作を一度起こした事があったから
もともとなにか神経障害のようなものがあったのか

もうなんでもいいや
るぅは逝っちゃった
長時間苦しまなかったのがせめてもの救い
_____________________

後悔ばっかりで、胸のざわざわが全然取れません。
なんにもしてやれない飼い主でした。
本当に本当におとなしくて、優しくて、心が広くて、可愛い子でした。
五つ子がまるでるぅの事を探しているみたいに家の中をウロウロしています。
夕べは順番にるぅを覗き込んではクンクンしていました。
ただただ残念で残念で切ないです。

みなさんありがとう

19時25分頃、るぅが虹の橋に旅立ちました
あまりにも急でした

みなさんにも家に遊びに来ていただいて、
るぅのぷよぷよなお腹に触っていただきたかったです

最後迄良い子でした

また落ち着いたら詳しく書きますね

るぅさん病院に

06645a7f.dat午前中病院行って来ましたァ~

今日は熱9度6分、体重7、76キロ
「発熱すると食欲落ちる」というのは前回と同じ
今日も輸液150ミリと消炎剤の注射をして貰って来ました

まず1週間抗生剤と消炎剤の投薬、その後も消炎の投薬を続けていくことになりました
発熱があることでやはり一番に疑うのはエイズ発症
今後どこか他に症状があらわれるかもしれないし
だんだんと体重が落ちて行くのかもしれません

病院から戻ってすぐご飯食べてました(^^;
熱さえ下がれば食べれる模様
おトイレも普通です
五つ子が帰って来たるぅの周りで心配そう
るぅもみんなの顔をぺろぺろしてました
みんなるぅが大好きで、るぅも五つ子のお世話を今でもしてくれるから
もしかしたらこんな光景が見られなくなるのかなと思ったら
ちょっとグッシュンてなりましたが、
頑張ってお薬飲んでちょっとでも楽に過ごして貰いたいです

画像はいまだにるぅのおっぱいすってるアンディ
プロフィール

た~こ

Author:た~こ
東京都在住


人生どこでどう狂うかわからない
猫好きな夫と一緒になったがゆえにこぉ~んな猫好きになってしまいました
夫の夢は・・・・・
ヘミングウェイみたいに海の近くで100匹の猫と暮らす事
やめてくれぇ~
私のささやかな夢は・・・・・
真っ白なリネンのフカフカベッドで一人でのびのび寝る事(笑)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。