スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリン、その後

662897e6.JPG一晩中、空ケーを続けていたポリン、一睡もしていないようだった。
ずっと、ダラリんとした格好もせず緊張した様子のまま目をあけていた。
21日(日曜)の朝一で病院に電話してみる。
毛玉かもしれないし、猫風邪かもしれないし(咽の炎症でも吐き気が酷くなるらしい)・・取りあえず毛玉除去剤を舐めさせて様子を見てみる事にする。
2時間くらい経ったあと、自分でカリカリを食べ、辛そうではない格好で眠り始めた。
前の晩はほとんど眠っていなかったし、ちょっと落ち着いた様子だったので夕方くらいまで様子を見る。
午後もちょっとだがご飯も食べ、お水も飲み、空ケーも数えるくらいしかしなくなったので通院はやめておいた。
んがしかし、夜になってから再び空ケーが始まってしまい、あげくに発熱??
そして鼻の奥の方でフゴフゴ言うような音が聞こえて来た。
あぁ、こりゃやっぱり風邪の方だったか・・・
通院しとけば良かったと後悔しきり・・・
手持ちにあった抗生剤を飲ませたら、数時間でちょっと楽そうになって来る。
ホントに失敗、早く連れて行くべきだった。
ずっとくっついて寝ていたうー助、そう言えば声が枯れてたなぁ~と良く観察したら、ズルンとした目やにが出ていた。
あぁ、こいつももらってる・・・

翌22日月曜日、午前中にまずチィを連れて病院へ。
体重もキープ出来ている。
ご飯(キドニー)も良く食べてなんとか落ち着いてくれている。

ホントはポリンも一緒に連れて行きたかったのだが、車の中でチィとポリンを一緒にするのも風邪が感染すると困るので、いったん帰宅してチィを実家に置いてから再び通院。
ポリン、多分風邪でしょうと・・・
ニンゲンみたいに咽が赤くなったりしてるのかしらね??
抗生剤の注射を1本打ってもらい、お薬をもらって帰宅。

帰って、うー助にも投薬。
ポリンは注射が効いたのか、だんだん元気になって来た。

そんなかんなしていた23日火曜日、茶美の声がガラガラに(_ _)
すんごいハスキー声で、もうびっくりするくらい。
ポリンにもらって来たお薬を飲ませる事にした。
んで、階下に降りてみたらば・・・・
バティもすんごい声をしている(爆)
ゆうべ、ポリンとうー助がバティの部屋に入ったので、一緒に風邪菌を持ち込んじゃったらしい。
なんと言う感染力なんだろうね、全く。
しかし、バティにお薬は無理な話し。
でもわたくし、果敢に挑戦してみました。
もらってた粉薬をお水でちょこっと溶き、身体に塗ったくっちゃおう作戦っ!
バティがいるベッドにそっと近付き、『バ~ティくんっ!』なんて言いながら、そっと薬をくっ付けた指を伸ばす。
驚いたバティがベッドから飛び出るのに合わせ、なんとか肩の辺りとお尻の辺りに薬を付けるのに成功、あとは彼が舐めてくれるかどうかである。
なんとまぁ、アバウトな投薬(爆)である。

で、今日になってみなにゃんの様子は・・
うー助は目やにも出なくなり声も元に戻って来た。
ポリンはまだちょっとくしゃみが出るが、食欲等も平常に。
茶美の声も可愛く戻りました。
で、問題のバティですが、くっ付けられた薬は舐めてくれました。
でも、嫌な事をされたので私が部屋に入るだけで、押し入れに逃げるようになってしまい、あの1回だけしか薬も無理な状態で、相変わらずハスキーボイスのまんま。
後はまたバティの自然治癒力に頼るのみ・・


画像は21日のポリン。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

た~こ

Author:た~こ
東京都在住


人生どこでどう狂うかわからない
猫好きな夫と一緒になったがゆえにこぉ~んな猫好きになってしまいました
夫の夢は・・・・・
ヘミングウェイみたいに海の近くで100匹の猫と暮らす事
やめてくれぇ~
私のささやかな夢は・・・・・
真っ白なリネンのフカフカベッドで一人でのびのび寝る事(笑)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。