スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕『バカ』かもぉ~

f976ff69.JPG28日の木曜日、アニマルコミュニケーションを受けました。
あらかじめ画像とプロフィールをメールでお送りして、電話でのセッション。
今回は4にゃん分。
ちっこたれうー助と凶暴バティと虐められななとニンゲンベッド下に蟄居中のピンキーの4にゃん。
コミュニケーターさんとの会話の中で聞いてもらいたいことを伝え、それに答えてくださると言うもの。

お話を始めて私と旦那の年齢などを聞かれた後、一番最初に
『猫の面倒を見る為に結婚した夫婦ですね(^^)』と・・・・・言われてしまいました(笑)
以下、『 』は猫の言葉として伝えてもらった事で( )はコミュニケーターさんの言葉、< >は私が口をはさんだこと。

まずはうー助。
☆なぜニンゲンベッドでちっこをしちゃうのか?そしてそれは止めて欲しいと言うこと。
☆どうしてななやピンキーを追い回したり虐めたりするのかと言うこと。

*『ニンゲンベッドでちっこするのは、自分は身体も小さくてコンプレックスがあって他のにゃんこより弱いと思ってて、ママの目を自分に向けたいから。』
(ママにすごく執着しているみたいですよ。)
<確かに毎日ストーカーされてます>
『ママがだ~いちゅき』
(ママの愛情不足ではないです、原因はピュアな心ではないかしら?)
<最近うー助のことバカ呼ばわりしてるんですけど・笑>
『バカって呼ばれるのも嫌いじゃない』 ←こいつホントにアホだ(笑)
『ちっこを止める気がない訳じゃないけど、どうしてそこでしたらいけないのかわかんな~い』
(怒られても立ち直りが早いし、否定しないで根気良く教えてあげる事が良いと思います)
(うー助だけに首輪を付けてみる事、ちょっとしたことでうー助が上であると思わせるのも一つの手段です)

*ななやピンキーを虐めるのは、
『ななが可愛いから。ピンキーとななの二人は虐めやすい。虐めたくはないけど強いことを証明したい。』
『大人になりたくない、でも猫社会で強くありたい』
『みんな仲良くの意味がわかんない、ぜんぜんわかんな~い』
(うー助はトップになれないことを判ってるんでは?だから目立つようにしているんです。でもキャラ的にはうー助が上ですよね・笑)
(うー助がいつでも守ってね、みんなの事もママのことも守るんだよっていつも伝えてあげてください)

次にバティ。

☆引っ越してから一人の部屋だけど淋しい?
☆ななを虐めるのを止めてくれたなら、またみんなと一緒に暮らせるよ。
☆ニンゲンに対してももう少し心を開いてくれますか?

*(昔虐待を受けたのではないでしょうか?)
<と言う事は誰かに飼われていたのでしょうか?>
(そうではないようです、エプロンをしたおばさんが棒を持ってます。その棒で叩かれた記憶が刻印になっているみたい)
『ママには感謝している。今生きていることを感謝している。ママは好き』
『愛情が欲しいとは思っていない。一人部屋も淋しくない。でも時々猫の仲間が欲しい』
(でも愛情は伝わっています。だけど本能で自分を守っているようですね)
『ありがとうと言いたい』
(夜、一緒の部屋でママが寝ている事は嬉しいようです。でも猫の仲間が欲しいようです)
(この子はヒーリングが必要みたい・・・)

次にななとピンキー

☆ななはバティとまた一緒の空間で暮らせますか?
☆ピンキーもニンゲンベッドの下から出て来てください。

*(ななはお姫様気質みたい・笑)
『私は可愛いから虐められるの。あんなやつ(バティ)嫌に決まってるでしょ!一緒になってまた劣勢になるのなんて絶対嫌っ!』
(ピンキーはうー助が怖いようです)
『怖くて出られない、だっこして欲しい、パパに甘えたい』
『うー助がママにべったりだから、ママの側にはいつもうー助がいるから怖い』
(うー助が変わらなければむずかしいかも・・・)

途中でいろんな話を挟みながら、約一時間。
楽しいおしゃべりでありました。

さてさてうー助はというと。。。
当日と翌金曜日はベッドちっこはしませんでした。
でも今朝、一回しちゃいました(ペットシーツの上でですが)
なんかうっかりしちゃったって感じでございました(笑)
その後は今のとこはしてません。

バティは相変わらず怖いです(^^;
でも私がバティ部屋に入ると、今まで以上に良くおしゃべりするようになりました。
コミュニケーターさんから、『バティがセッションの後に『伝えてくれてありがとう』と言ってくれましたよ』とメールをいただきました。

ななとピンキーは特に変わってません。

これでいろいろな問題が良い方向に向かってくれるといいのですが・・・・
なんだかにゃんこへの接し方を考えさせられると言うか、多頭飼いの難しさと言うかをしみじみ思ったのでありました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

た~こ

Author:た~こ
東京都在住


人生どこでどう狂うかわからない
猫好きな夫と一緒になったがゆえにこぉ~んな猫好きになってしまいました
夫の夢は・・・・・
ヘミングウェイみたいに海の近くで100匹の猫と暮らす事
やめてくれぇ~
私のささやかな夢は・・・・・
真っ白なリネンのフカフカベッドで一人でのびのび寝る事(笑)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。