スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るぅ、ちっちゃくなっちゃいました

41faa8b2.JPG夕方、荼毘にふして来ました。
あんなおデブちゃんだったのに、小さくなってお家に帰って来ました。
↓にコメントをくださったみなさん、メールをくださったみなさん
本当にありがとうございました。

そう遠くない未来に、るぅとのお別れが来るかもしれない事を
多少なりとも覚悟していたつもりでしたが、あまりにも急でした。
るぅのいつものベッド、からっぽです。
でもマットにるぅが寝ていた形が残ってるのが辛いです。

昨日の朝もご飯は食べられなかったけれど、しらすをあげたらちゃんと食べたし
おトイレも普通。
ただ、この2~3日、時々ボ~ッとしていることがあるのが気にかかってた。
強制給餌をするかどうか、でも薬が効けば自分でご飯を食べられるから
その方が良いはずだ。
自宅で投薬よりも注射で消炎剤を入れた方が食欲が出てたので
先生と相談して、夕方病院に行くことに決める。

17時過ぎ頃病院へ
輸液と注射、体重7、4キロ 体温9度8分
やっぱり熱があったから、辛かったんだね。
通院することがるぅの負担になるから
今後は先生に往診して注射をしてもらえるように話している時
診察台の上で失禁し、家でも時々していたようにボ~ッとして来てしまう。
先生も「ちょっと変だなぁ」と言っていたけど他に治療法もない。。
あくまでも仮定でしか原因が掴めてないから仕方ないね。。。
るぅ、るぅって呼んだら
すぐいつものるぅに戻ったので、帰宅したのが18時10分頃。

玄関で自分でキャリーから出てしっかりした足取りでベッドに。
お水を口元に持っていったら、いつもとは違い顎をお水に浸けてやけくそのように飲む。
変だ。。。。
それから、30分くらいはベッドで横になっていたけれど
しばらくして呼吸がちょっと苦しそうになり
みるみる耳も鼻も肉球もが白くなってきてしまう。
出掛けていた旦那に電話したら、今帰ってる途中だとの返事。
彼の帰りを待っていたかのように呼吸があらくなり、ただ名前を呼んで
酸素を口に当てているしかなかった。

そして、苦しそうな声を一瞬あげて腕がちょっと突っ張ったかと思ったら
もう息絶えていた。
多分時間にして40分間くらい。
何が起こったのかわからなかった。
心臓マッサージをしながら、名前を呼んで、るぅの鼻に口を当てて
一生懸命息を吹き込んだけど、戻ってはくれなかった。

病院に連れて行ったことを悔やんだ。
行ったことで、なにかを誘因してしまったのか
それともリンパ腫が頭の方に膨らんで、神経にでもさわってしまったのか
エイズからくる何かでこうなっちゃったのか
小さい頃にてんかんの様な発作を一度起こした事があったから
もともとなにか神経障害のようなものがあったのか

もうなんでもいいや
るぅは逝っちゃった
長時間苦しまなかったのがせめてもの救い
_____________________

後悔ばっかりで、胸のざわざわが全然取れません。
なんにもしてやれない飼い主でした。
本当に本当におとなしくて、優しくて、心が広くて、可愛い子でした。
五つ子がまるでるぅの事を探しているみたいに家の中をウロウロしています。
夕べは順番にるぅを覗き込んではクンクンしていました。
ただただ残念で残念で切ないです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

た~こ

Author:た~こ
東京都在住


人生どこでどう狂うかわからない
猫好きな夫と一緒になったがゆえにこぉ~んな猫好きになってしまいました
夫の夢は・・・・・
ヘミングウェイみたいに海の近くで100匹の猫と暮らす事
やめてくれぇ~
私のささやかな夢は・・・・・
真っ白なリネンのフカフカベッドで一人でのびのび寝る事(笑)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。