スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チィと病院

37d6fd3d.JPG食欲が戻らないチィ。
元気なし・・・・
夕方病院へ。体重:3.94キロ、ちょっとだけどまた減った。
昨年10月末にした血検もする事に。

BUNは56.2→49.1
Creは 2.8→2.9

しかしフェノバール(抗てんかん薬)を一日一回4分の1錠とは言え続けて来ている為か、
GPTが69→124まで上がってしまった。
それと目立ったのがGlu92→198に上昇。
食欲がないのは肝臓のせい??
でもこのくらいの数値ならば特になにもしなくて良いと言われる。
とにかく輸液の回数を増やす事。
ダメ元でもう1回、自宅輸液を頼んでみる。
半ば渋々ではあるが、許可が下りた。
1日おきに1回60mlの輸液を自宅ですることに。

(今、一週間に一度くらいの通院で1回200mlの皮下輸液をしている。
茶美の時もそうだったけど、一週間に一回200mlだった。
200mlは24時間で消費できる量だそう。
でもやっぱり一回に200mlって多くないのかな??
だって自宅でやるなら1回60mlで良いってちょっと矛盾してないか??)と素朴な疑問。

今回、実はちょっと覚悟を決めていた。
今日午前中に近所の病院数院に電話で自宅輸液の許可をしてもらえる方針かどうか聞いてみた。
その中で数件、病院に来るのが大変な猫さんには自宅でも許可しているところもあった。
今日はいつもの先生に頼んでみて断られたら、転院覚悟であった。

以前頼んだときに言われた事。
一回目は『仕事で来れないヒトなどの猫さんで毎日輸液が必要な場合、特例で許している』と言われた。
それって私はどうせ暇だから連れて来いって事???と思った。

二回目に頼んだ時、『輸液も医療行為だからねぇ~・・・・・』と言われ、
じゃあ先生、往診で輸液をしてもらえますか??と聞いたらば
『そんなことで獣医の時間を拘束するのはもったいないですよ』と言われた。

もうね、なんて先生だろうと思った。
例え輸液だけの往診でも通院がストレスになる猫さんで患者(飼い主)が望むなら
来てくれるのが良心的な医者だろうと思う。
タダで来いって言ってる訳じゃない。
往診料だって取るでしょ?
他の患者にもこうゆう態度なのだろうか??
私はうるさい患者だから、嫌なら来なくて良いと思っているとしか感じられない。

結局今回渋々でも許可が下りたので、しばらくこのまま様子をみようと思う。
転院する時は、言ってやりたいことが山ほどあるんだっ!(爆)



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

た~こ

Author:た~こ
東京都在住


人生どこでどう狂うかわからない
猫好きな夫と一緒になったがゆえにこぉ~んな猫好きになってしまいました
夫の夢は・・・・・
ヘミングウェイみたいに海の近くで100匹の猫と暮らす事
やめてくれぇ~
私のささやかな夢は・・・・・
真っ白なリネンのフカフカベッドで一人でのびのび寝る事(笑)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。